してする   37株疎植栽培
    疎植栽培とは!?
疎植栽培とは、従来の普通栽培(株間18cm×条間30cm=60株/坪)よりも株間を広くし、稲の生育環境を良くして栽培する方法で、使用苗箱が少なくてすみ、育苗経費の削減や育苗〜田植の労力が低減できる稲づくりです。
 ヰセキグループがお薦めする疎植栽培は、株間を30cm〜26cmに広くし、 植付け株数を37株〜42株/坪にして栽培する方法です。
 栽培管理(施肥料、水管理等)も普通栽培と全く同じ稲づくりで、省力・低コスト・軽労化等多くのメリットがある栽培方法です
 今年度も疎植栽培を実証中!!
     ヰセキ中国では、今年も各地で疎植栽培を実証しております!
2011年度の実証状況はこちら⇒2011年疎植実証田
2010年度の実証状況はこちら⇒2010年疎植実証田
疎植栽培のメリットは!?      
     ×         ○
      
 省力・低コスト・軽労化   
 ・疎植栽培(37株/坪)にすると、使用苗箱が
  約半分になります。
 ・育苗に掛かる経費(種苗代、培土、育苗施設等)が
  削減できます。
 ・育苗管理・苗運び・田植時間も短縮!


 省力・低コスト・軽労化
 ・株間を広くすることで、太陽の光が根元まで当たり、光合成が盛んに行なわれ
  開張型の株になり、茎が太く、大きな穂をつけて収量が安定します。
  また、倒伏にも強くなります。
今年も多くの農家の皆様にご体感いただいております!!  
                              
                                詳しくはこちら⇒井関農機HP「疎植栽培とは」


HOME会社情報販売店情報ISEKI商品関連商品コイン精米建設事業イベント情報採用情報